中能登町 コンシェルジュ

中能登町の観光 食事 ランチやカフェ イベント情報をご紹介します

中能登町のカフェ&ランチ ママンデ・メニューのご紹介

 ママンデでは、室内のいたる所にメニューが設置されています。
「こんなところに!?」とおもえる場所にも貼ってありますので、探すだけでも楽しめます。

 

 

 

 

  

 メニューを探してみた

  

ママンデのメニューは日替わりが中心で、固定されたメニューがあるわけではない。

それをカバーするために、部屋中に多くのメニューが用意されている。

その都度作成したものなのであろう。

1つ1つ見つけては読んでいるだけで、あっという間に時間が経ってしまうほどの量だ。

 

例えばこんなとこに ↓

f:id:marcy-yam2018:20190723204513j:plain

テーブルの下にかけてあったり。

 

 

細かいメニューがたくさん

f:id:marcy-yam2018:20190723204632j:plain

細かい字がびっしりで、神社のおフダかと思った(汗)

 

 

 

ドリンクメニュー

 

〇コーヒー系
ブレンドコーヒー ¥400-
フレンチプレス  ¥500-
カフェオレ    ¥450-
ソイラテ     ¥450-

〇ミルク系
純ココア      ¥450-
ココナッツミルク  ¥400-

〇紅茶系
ストレートティー  ¥400-
 (※アールグレイ)
ミルクティー    ¥400-
オーチャードティー ¥450-
 (※りんご果汁+しょうがフレーバー)
ナッツミルクティー ¥450-
 (※ホイップ生クリームにスライスナッツをトッピング)

〇その他ドリンク
ホットソイ     ¥300-
黒糖しょうが湯   ¥300-
シソジュース    ¥400-
梅ジュース     ¥400-
バナナジュース   ¥400-
ブルーベリースムージ- ¥450-
アイスカフェオレ、
アイスソイラテなどもアリ

 

 


さらに、

柱の裏側にも、細っそ長いメニューが!!

f:id:marcy-yam2018:20190723205124j:plain

 

 

 

透明なプレートのメニューは部屋の雰囲気を崩さずイイ感じ。

f:id:marcy-yam2018:20190723205330j:plain

お店を楽しんで作っているのが感じられる。

 

 

 

スイーツメニュー

〇シフォンケーキ 日替わり 各250円
白みそチーズ (白みそと角切りチーズ)
ちょこ味噌  (チョコ生地に白みそ)
抹茶マーブル (抹茶のマーブル生地)
Teaチョコ (紅茶とチョコ)
塩こうじのパンプキン (自家製塩こうじとかぼちゃ)
しょうゆ糀(こうじ)
バナナ
シナモン
黒ごま

〇その他
ベイクドケーキ
トライフルパフェ カスタードクリームにスライスバナナと生クリーム
  (※トライフルパフェ=フルーツやスポンジを層に重ねたイギリスのデザート)
食べる玄米甘酒  ¥450-

 

ドリンクセットで¥50ー引きになります。

 

f:id:marcy-yam2018:20190723205717j:plain

フレンチプレスのコーヒーとちょこ味噌のシフォンケーキ
生クリーム付

 

  

気に入ったらお土産としてもお持ち帰りが可能。
個別包装もしてくれます。

ママンデの印付き

f:id:marcy-yam2018:20190723205836j:plain

 

 

ランチメニュー

エビドリア ミニサラダ・スープ付き
フレンチトースト
その他日替わり
どちらかというと、和食の方に力を発揮するように感じる。
いずれもランチの場合は事前予約は必要。

 

ランチメニューがこちら

f:id:marcy-yam2018:20190723210120j:plain

 

ドリンクやスイーツにも随所に糀が使用されています。
手間をかけていて、全体的にこだわりと工夫が見受けられますね~。

ここらへんが、チェーン店やフランチャイズ店では出せない付加価値といえます。

このような個性的な店は中能登町には結構多い。

 

例えばこのお店も個性的でおもしろかった ↓ 

nakanoto.marcy8.xyz

 

 

 ママンデの室内で見つけられたメニューは全部で20個

メニューではないが、フレンチプレスというコーヒーの淹れ方を解説したものは面白かった。

f:id:marcy-yam2018:20190723210411j:plain

 

「こちらがフレンチプレスのコーヒーです」と、ただ出されても他のコーヒーとの違いはいまいち分からない。
通常のコーヒーと明確に何がちがうのかを説明しているのは目を引くところで、自身のこだわりがより伝えることが出来る良い方法だ。

手書きで堅苦しくないところもポイント。
(全てのメニューが手書きであるところを見ると、パソコンはあまり使わない人なのだとも思えるが・・・。)

 

現在オーナーの駒井さんは、人に接するのが大好き!という雰囲気がにじみ出ている、とても気さくな方でした。
多分、人の名前と顔を覚えるのが得意な方なのだと思う。

 

コーヒー豆を挽いているオーナーの駒井さん↓

f:id:marcy-yam2018:20190723210628j:plain

 予約や相談はこちらにどうぞ
➡i駒井さんん:090-3885-7561